相模川第一漁業協同組合が管理する中津川流域は、[上流部=かじぶち・下流部=才戸橋上流]の区間です。
また、友釣り専用区域は、才戸橋上流の坂本堰堤から上流全域となりますのでご注意ください。
友釣り専用区域でのコロガシ釣り・マキ餌釣り・投網は禁止されていますのでルールをお守りください。

かじぶち〜高圧線方面
八菅橋上流(下谷地区)方面
八菅橋上流(下谷地区)方面 八菅橋下流方面
若宮方面(聖苑前)
弁天上下流
弁天上下流 大進館前上下流




かじぶちの瀬〜ザラ瀬

相模川第一漁協が管理する中津川流域の最上流。写真上部のかじぶちから上流部は、中津川漁協の管理区域となる。瀬頭の上流は、右岸側に深い淵と中心から左岸側は砂利〜砂地の浅い流れになっていて、夏になると水遊びで賑わう。ここから落ち込む瀬は、幅が狭く押しも強い。ここで竿を出す釣り人は少なく、竿抜けになっていることが多いので、押しの強い流れに慣れている方は、狙ってみる価値はある。
この瀬が落ち込んだところに倒れかけた木が2本あり、この下も竿抜けになっていることが多く、この周辺を狙う釣り人は少なくない。ただし取り込み時に、糸を木に引っかけて、オトリが宙づりなっている光景もよく見る場所なので注意が必要。

        





高圧線下の瀬

大きめな石も点在し比較的大型で威勢の良い鮎が多い場所。条件の良い時には、大釣りすることもある。

        





高圧線下の瀬の落ち込み

写真左が上流。水深は深いところで腰ほどある。流芯も良いが、どちらかというと左岸のヘチに野鮎が溜まっていることがよくある。右岸側に見えるヒューム管を過ぎたところに駐車スペースがある。

        





高圧線下流のトロ〜ざらトロ

前の写真のヒューム管の下から下流を見る。ソフトボールからスイカくらいの石が中心だが、さらに大きめな石も点在する。水の透明度も高く流れも穏やかなので、静かに釣りたい場所。例年、比較的安定した釣果が見られるが、近年の釣果にはムラがある。天然遡上が多い時には、右岸側の浅場で入れ掛りすることもある。

        





高圧線下流の開き

前の写真から百メートルほど下流のザラ瀬〜チャラ瀬。平水時の水深は、5〜30センチ程度の穏やかな段々瀬。左岸側のヘチには、若干水深もあり押しの強い流れが一部にあり、比較的良型が上がる場所でもある。
ベテランの釣師は、川全体のピンポイントを正確に攻めて釣果を上げる。とはいえ垢の状態が悪い時には、魚景も極端に薄くなるので、竿を出す前の川見は欠かせない。

        




タケゾウの瀬頭

後方に見えるのが前の写真の瀬落ち。写真右上の茂みの裏手に[用水の吐き出し]があることから[タケゾウの上の吐き出し]とも呼ばれる。左岸側の流れは穏やかそうに見えるが、膝上ほどの水深とはいえ、やや押しが強い。条件の良い時には、良型の鮎が集まる場所でもある。

        





タケゾウの瀬・上流部

鮎が好む垢つきの良い大中の石が点在。相模川第一漁協が管理する中津川流域を代表する一級ポイント。条件のよい時は、川全体で良く釣れる。通常は、数を上げるなら左岸の浅場、数よりも大型を、という場合は流芯から右岸側がお勧めだ。写真の右側に駐車スペースがあるので、アクセスしやすい釣場でもある。

        





タケゾウの瀬・中心部

左岸側の遊歩道からタケゾウの瀬を臨む。この遊歩道からは、流れの筋・石の位置〜色などを確認する事ができるので、特にベテラン釣り師は、竿を出す前に川見をする姿をよく見る。また、解禁前には、遡上状況や
鮎の数などを目視できる場所でもある。ちなみに良い年は、五月前後から、護岸の垢を食む多数の鮎を見ることが出来る。

        






タケゾウの瀬尻〜火の見前

数年前まで、写真のすぐ右手に[火の見やぐら]があったことから、現在でも火の見前とも呼ばれている。また左岸の護岸に沿ってテトラが埋め込まれていて、護岸とテトラの間の2メートル弱が深みになっていることから、この流れは[火の見前のトヨ]とも呼ばれる。
条件の良い時には、どの場所でも釣れるが、比較的硬いのが、流芯となる右岸側。手前のテトラに向かって流れる浅場でも数が出ることもよくある。

        






ヨロゾウの瀬とトロ

トロ場には、そう多くはないが大石が点在することから例年、鮎が居つく場所。瀬頭は、比較的安定した釣果が得られるが、ベテランとビギナーとでは、釣果にも大きな差が出るポイントでもある。時間に余裕があれば、夕まづめを狙って見る価値はある。極力、川の奥には立ちこまないように静かに釣りたい。

        






八菅橋上流のテトラ前

写真最上流は、ヨロゾウの瀬から落ち込んだところで、川幅が絞られている十数メートルは、押しの強い流れになっている。瀬の落ち込みは、水深もあり、比較的大きな鮎が溜まる。写真前方のテトラ周りにも鮎が居つくところで、盛期から終盤には大型が出る。とはいえトウフ(テトラ)の間〜右岸側のトヨで野鮎を掛ると石の角で水中糸を切られるという、リスクとスリルを伴う場所でもある。

        






八菅橋上流の開き(用水の吐き出し)

右岸を歩く釣り人のすぐ前が、用水の吐き出しになっていて、一部は平水時でも胸ほどの水深がある。魚景が濃く魚の跳ねも良く見られる場所だが、果たしてそれが鮎なのかは一目では判別しにくい。そこを気長に泳がせるのも面白いが、もう少し下流には、大きな石も点在するザラ瀬があるのでこちらも狙ってみたい。

        





八菅橋の上流の瀬頭

鮎釣り場としても一級ポイントだが、子供たちが夏休みになれば水遊び〜バーベキューの一級ポイントと化す。7月末から8月は連日レジャー客で賑わうので鮎釣りには、やや条件が悪くなる。しかし、「むしろ良い時期」と、水遊びエリアから逃れた鮎を狙って、釣果を伸ばす常連客もいらっしゃる。

        






八菅橋下の瀬

流芯から右岸寄りには、大石が入っていて鮎の絶好の住処になっている。しばらく増水が続いた後など、竿抜けとなった場所を、オモリを付けて入れ掛ける地元のベテラン釣り師もいる。第一漁協が管理する中津川流域を代表する瀬。八菅橋を中心とした上下流は、釣り具メーカーや釣りクラブの大会エリアとしても有名。

        






八菅橋下流の開き

橋の下の瀬が落ち込んだ場所で、二番目の瀬頭までの約百メートルは、穏やかな流れになっている。この区間のポイント選びは、川に入って石の様子を見たり、あるいは実際に竿を出してみないと判断しづらい。とはいえ、大釣りの実績も数ある場所なので、川見を通じて好条件と判断できたら竿を出したい。中央の右岸の護岸からテトラの上下は、例年盛期から終盤にかけて大型が出る場所でもある。

        






八菅橋下流の二番瀬(瀬頭)

流芯は、写真よりも左手にあり、その下流が次の写真になる。また、この写真の右方向には[八菅へら釣場]がある。橋の下の広い川原に車を止めても楽に歩いて来れる場所。ちなみに写真右すぐ脇には、1−2台の駐車スペースもある。
最初は左岸のヘチから、徐々に沖へと攻めていくいわゆる[カニ横]で、確実に数を伸ばしている釣り人を良く見る。また、岸寄りの浅場でも、タビの底がヌルヌルと滑るような石の状態の時には、草むらに隠れながらヘチを狙って入れ掛る時もある。そして、そこを釣り切ったら右岸側に向かってポイントを移動。元気な野鮎が取れたら次の写真の瀬の上下を狙うのも面白い。

        






八菅橋下流の二番瀬

白波が立っている流芯や右岸のヘチ寄りが竿抜けになりやすい場所。こういった場所に慣れている釣り人は、背針やオモリでピンポイントを攻めながら確実に釣果を伸ばしている。右岸側の瀬の落ち込みから、流れがトロくなる場所は、水深もあり比較的早い時期から良型の鮎が上がる。また、この瀬落ちは、盛期から終盤にかけては、数よりも大型狙いの場所でもあることから常連客も少なくない。写真右の浅い場所でも釣れるので、そこから様子を見ながら流芯に向かって移動。良いポイントが点在するので、釣場を荒らさないように有効活用したい。

        





二井坂の二本瀬

前の写真の瀬の落ち込みから、写真右上方の釣り人の立ち位置までは、トロ場になっている。左岸側でも釣れるが、本命は水深のある右岸側といえる。数年前には、尺近い鮎が数多く出た場所でもある。また、この写真のように釣場が貸し切り状態の時には、深場のトロ・瀬・チャラ瀬・・など、贅沢なポイントを一日かけてじっくり攻めてみたい。条件の良い時は、期待できる場所でもある。

        




若宮の二本瀬の合流

写真右手の左岸側の瀬は、細い流れとなっている。釣場としては右岸側の瀬が本命となる。この場所は、毎年、川相が変わりやすく、さらに天然遡上の状況も含めるとその年の釣果にも大きな差が出てくる。右岸側の瀬は、数は少ないが比較的釣果も安定しているが、写真手前のトロ場〜ザラ瀬は、近年、釣果の浮き沈みが目立つので、竿を出す前の川見は欠かせない。

        




若宮のトロ場(ヒューム管前もしくは聖苑前)

前の写真の左岸側にあるヒューム管の前は、腰くらいの水深で、下流に向かって川幅も広くなり水深も浅くなる。釣り人の立ち位置辺りやや上流からザラ瀬となる。この写真の左側には、県道と遊歩道に向かって階段がある。魚景の多い時には、この階段を上った所から、多数の鮎を目視する事が出来る。

        






階段の上から若宮のトロ〜瀬を臨む

この場所は、天然遡上の良い年は好釣果が期待できる。
*撮影場所の県道に面した階段の横には、2−3台分の駐車スペースがある。

        




若宮の瀬落ち

長さは短いが、流芯の一部がガンガン瀬になっていて、その両岸には、瀬脇のタルッコがある。流芯と共に狙い目なのがこのタルミ。この周辺は、川遊びやバーベキュー客はほとんど来ないなので、鮎にとっても絶好の住まい環境になっているようだ。入居の競争率も高いようで、ここで掛る鮎は、大方、追い星が目立ちサイズも一回り大きい。
*タルッコ=地元用語[タルミ]の意

        





弁天上流の大トロ

若宮の瀬落ちの流れは、徐々に川幅を広めながらこの大トロへと注がれる。写真右の右岸側が深くなっていて、場所によっては人の背丈ほどの水深がある。川底は砂利〜砂で、その上に巨大な石が点在し鮎の溜まり場になっている。例年たくさんの鮎の姿を見ることが出来るが、簡単には釣らせてくれない。それでも粘って釣果を上げる釣り人もいるが、釣場としては、写真の上部に見える大石が顔を出している周辺がお勧めだ。

        




弁天上流のトロ場〜ザラ瀬

若宮の瀬から弁天下に至る左岸側はすべて深いブッシュになっていて、人一人が通れるくらいに草を倒して作った入川口が2箇所、さらに右岸側からの入川経路もないことから、この場所は、釣り人以外の人影はほとんど無い。また、流れも穏やかなので川底は丸見え、野鮎も見えるので、いわゆる見釣りが出来る場所でもある。「オトリをポイントに誘導、オトリめがけて突進する野鮎、針掛かりから逃れようとする掛り鮎・・」その一連の光景を目の当たりにしたことがきっかけで、友釣りにハマってしまった釣り人も少なくないだろう。

        






弁天上流のザラ瀬

川幅が広がった場所には、野鮎が好む場所も多く点在するので、入川場所の足元から徐々に狙い目を広げながらの釣りをお勧めしたい。

        




弁天の瀬

前の写真からこの場所の区間までは、右岸側からの入川口はなく、また左岸側の大半がブッシュになっているので、釣り人以外の姿はほとんどない。ご覧の通り、大石ゴロゴロの川相の上に、チャラ瀬・チャラトロ・淵・ザラ瀬・・などバラエティーに富んだポイントが点在する。

        






弁天下のテトラ

写真の右端から上流に向かって十数メートルが、押しの強い落ち込みになっている。解禁当初から終盤まで季節を問わず、威勢の良いが居つく場所でもある。

        






弁天下の開き

テトラから写真中央までの川底は、子砂利が占める。撮影場所あたりから、徐々に石も大きくなり鮎が居つく場所となる。

        






大進館前・上流部
写真中央の建物が旅館の大進館。どこにでも鮎がいそうな川相なのが、大進館前の特徴ともいえる。
その中から追いッ気のある鮎の居場所を識別できる釣り人が大釣りをする。ここもまたベテランとビギナーの釣果には、大きな差が出る場所でもある。

        





大進館前・中央部

理想的な石が流芯のみならず両岸にも点在する絶好の鮎釣りポイント。ここで竿を出されている方の多くは、過去に良い思いをされた方ではないだろうか。周年を通じて比較的に引きも強く大きな鮎が釣れるが、「威勢の良い鮎」というよりも、どういうわけか「上品できれいな鮎」が釣れる場所でもある。

        






大進館前の二股

右側の瀬は、かつてはガンガン瀬と言ってもよい場所であったが、現在は、おとなしいザラ瀬になっている。天然遡上の多い年は、左岸の細でも、チョロチョロ流れを好む天然鮎が釣れる。
大進館前の釣果が上昇すると、両岸に釣り師の竿が立ち並ぶ程、人気がある釣場でもある。*隣の釣り師との距離は、お互いに竿がぶつからない距離を保つのがマナー。
大型が掛って、隣の釣り師の釣りを中断させるような場合は、礼節のある対応を。

    




遊漁証取扱店・友あゆ販売店のご案内へ


相模川第一漁業協同組合
神奈川県相模原市中央区水郷田名 4-11-8
TEL 042-763-2726


Copyright by Sagamigawa DaiitiGyokyou .Since 2002